アルマイトなら【光研電化】高品質なアルマイト加工をご提供します!

独自の技術!ハイクオリティな光沢加工!
アルマイトについて

アルマイトとは

アルマイトとは、アルミニウムの表面に酸化皮膜を形成し、 耐食性や耐摩耗性を向上させる処理のことです。
希硫酸や硝酸などの電解液の中で、アルミニウムの表面を陽極として電気分解することで酸化が始まります。このときできる酸化皮膜には多数の孔が開いた状態になっていますが、その性質を利用して孔に染料を浸透させて着色します。着色する場合もそうでない場合も、この孔を封じて組織を安定化させるのです。理論的には、電解で元のアルミ母材が酸化して表面の厚みが薄くなるものの、皮膜が形成されることでその分を補っていることになります。

アルマイトはメッキの様に他金属を付着させる訳では無いので 部品の表面状態によって仕上がりが決まると言っても過言ではありません。したがって、部品の管理によって決まります。

羽布研磨や化学研磨は表面に光沢を持たせる為の前処理です。逆にサンドブラストは艶消しの前処理となります。
前処理はこれだけではありません。お客様の方でも色々として頂く事があります。他金属の除去・ステッカーの除去・液体パッキンの除去等 部品をアルミ単体にする事や掃除をしておくと綺麗に決まります。特に液体パッキンや接着剤の付着はマスキング効果になり アルマイトがかからないので徹底的な除去が必要になります。腐食が進んだ部品は羽布研磨で腐食部分を取り除きます。(酷い腐食になると羽布研磨でも取りきれない場合があります。)

お客様の方で羽布研磨なさる場合はいくつかの問題点に注意が必要です。
羽布研磨のむら・焼け等に充分注意して下さい。

アルマイトについて画像1アルマイトについて画像2アルマイトについて画像3

施工前後

アルマイト前

アルマイト後


選べるカラーバリエーション

ブラック(BK)

レッド(RD)

ブラウン(BR)

パープル(PL)

ガンメタ(GM)

ブルー(BL)

シャンパンゴールド(CG)

シルバー(SV)

ゴールド(GD)

グリーン(GR)

チタンゴールド(TIG)

チタンブルー(TIB)

アールズブルー(EBL)

ピンク(PI)

オレンジ(OR)

イエロー(YL)

スレートグレー(SG)


アルマイトについて 製品メニュー
アルマイト加工 ハードアルマイト加工 アルマBOX アルパック®シリーズ ホビー関連パーツ オートバイフレーム オートバイスイングアーム オートバイスパークアルミリム オートバイ・フロントフォークアウターチューブ スーパーキャンディー ランニングバイクフレーム 自転車パーツ加工 ラジコンパーツ加工
よくあるご質問 スタッフブログ 社長ブログ カラーサンプル デモバイク コラボレート サポートチーム 個人情報保護方針 アルマボックス® アルマボックス®シリーズ、アルマパックシリーズ、ホビー関連パーツ 取扱店舗一覧

ページの先頭へ戻る

Copyright KOHKEN Co.,Ltd. All Rights Reserved.